与えること

誰かと関わりを持ちたいなら。 相手が喜ぶことをしてみる。

そのとき、相手からのお返しはのぞまないこと。

 

たとえ望んでなくても、ずっとずっと与えっぱなしだと疲れ

その時に被害者意識やらでてくる方もいますが

ギブを期待するなら、やらなきゃいいだけの話です。

 

あの人困ってるだろうから忙しかったんだけど〜!

ちょっと頑張るだけだからと自分を犠牲にして流れ作業のように渡すひともいます。

 

このような体制は丁寧さがなく、コントロールされたような重いエネルギーが相手に伝わります。

不必要であったり、時に必要な経験を奪うこともあります。

 

 

自己犠牲のツケは、フツフツとやってくるでしょう。

なぜそれをしたいのか・・・?与える前に一度考えてみてください。。

理由はいろいろあると思います。

 

 

 

楽しく手渡したら終わりにしておきましょう。

アイドルへのファンレターみたいなもの。返事がこなくてあたりまえ。

だけど、なにか相手のエネルギーになればいいなあという自分のための祈りのようなもの。

でも、バレンタインに大量に届くチョコのように余分という言葉もあります(笑)

 

 

自家発電で静かに豊かに暮らしている方もみえます。

 

ちいさなことにいちいち気をとらわれない、ビッグなエネルギーの人もいます。

 

結局のところ、同じエネルギーでいないと同じところにはいられません。

 

遠回りのようですが、自分を喜ばせること。

身の回りをととのえ、高めることにつきます。

 

受け取ったエネルギーは感謝して、必要なかたのもとへ・・

 

 

 親から子へ、先輩から後輩へ

 

おかげさまでたくさんのフィーリングアートを描かせていただきました。