エネルギーの切り替え技

いい気分でいると気づかないのですが、そうでないときありがたく気付かされます。

 

うっかりと低いエネルギーに身を置いてしまうと、あれよあれよというまに・・・。

 

 相手が悪いんじゃないです。結局はチャンネルをあわせた自分の責任です。

 ゴシップ、人のウオッチング、過去のいやなことなどに注目すると、

低いエネルギーを自分に与えることになり、自分にどよ〜んとした経験がやってきます。

 

低いエネルギーはラジオの周波数みたいなもので、素敵なエネルギーを遠ざけてしまいます。 

 

だから自分にとって値する楽しいもの、ワクワクするもの・こと、素敵な予定を一番にいれましょう。

そうして、もっともっと素敵なことをやっていきましょう。

 

小さな場所のお掃除、未完了の小さな用事など。

楽しいイベント、欲しかったものを自分に与える、美容院に行く、

身の回りを整える。・・なんでもいいです。

 

やる気のでないときは、切り替え切り替え!喜びを人に与えるには自分から。

 

同時にさわやかに断る対応もお勉強ですね。

 

先日の津端ひでこさんのお言葉がいいなあ、と思ったのは、自分に集中していて

愛の押し売りがないということ。

 

ドミニクローホーさんの「限りなく少なく豊かに生きる」最近のお風呂文庫になりつつあり

なんども読んでいます。

貴重な時間を自分に与え、不要なものを手放す。

切り替えの技におすすめです。

 

 

おかげさまでたくさんのフィーリングアートを描かせていただきました。