選択肢

人生の中には帰路のような大きな選択肢もあるし、今日の夕飯なににしようといった簡単な選択もある。

 

 

私もすごく迷う事があり、先駆者の方に聞きたくなることもありますが、今は一度立ち止まるようにしています。相手の方に聞いたときにどんな答えをするだろうか?

相手の貴重な時間をとってしまう、状況も違う、想像と思いやりの観点で自分で決断することにしました。

 

選択肢があることは選べることができること、幸せなことなんですよ。

自由なのですよ。

 

自由が増えた現代、選択肢がありすぎて立ち止まってしまう人もいる。

クライアントさんではないのですが、知人でなんでも聞く人がいます。よく悩む方です。

先日も聞かれたところなのですが、ちょうど私が少し前に立たされた選択肢でした。

私も境界線のお勉強中であり、同じ状況にないので細かいアドバイスはできませんでした。

 

何人かに同じことを聞いて、挑戦をやめたと聞きました。

 

 

自分で選ばないうちは時間だけが過ぎているのは確かでした。

今日の夕食を・・悩んでいるうちにスーパーも閉まってしまいます。

時間だけは元にもどりません。

よほどのことでなければ、選択はサイコロにでも任せて、気になることをやってみればいいのですね。

 

お金の損得のベースでの答えを求めるなら、挑戦は「損」になってしまうのかもしれません。

悩む時間やコミュニケーションが好きなのだというのなら、いつまでも何も変わらなくて時間が過ぎても幸せなのだと思います。(相手の時間の承諾次第ですが・・)

 

 

選択するときにわからないのは、ただ経験が不足しているから。

失敗だとしても自分にとって何が大事なのかとか、合わないことがわかるだけです。

 

 

何かを選んだのが間違いであっても、失敗をしても、学びというそれ以上の経験ができる。

そのうちに、自分にとって何が大事で、これはいらないといったことがわかってきます。

 

なにより、自分をとりまくエネルギーもかわってきます。出会いや次の扉が開くのです。

 

おかげさまでたくさんのフィーリングアートを描かせていただきました。