作り手と買い物

改めて、作り手から買うようにを心がけたいという出来事がありました。

 

プチプライスなものは日本で作られていない。

さらに最近はメイドインジャパンでさえ、国内の労働力でも異邦人なら安く使えるからということを当てにしている。

そんな「現場」を目の当たりにしました。

 

 

 

 

結局のところ企業も「お客様あってこそ」なので、お客様である私たちの買い方が、投票のように全てを決めているのです。

 

 

どこかの世界で起きている自分とは関係のないことではなかったのです。

 

世界はつながっています。良いから好きだからということではなく、

安いから得だからという理由で買いものを続ければ、回り回って自分にも帰ってきます。

 

 

 

 

長いものに巻かれずに、芯をもって活動されているかたもみえます。

そういう物はエネルギーがまるでちがいます。

 

どんなエネルギーに囲まれていますか?

 

今一度、自分の買い物を見直すチャンスだと背筋を伸ばしたくなりました。

 

 

 

 

おかげさまでたくさんのフィーリングアートを描かせていただきました。