にじのとりブログ

にじのとりの旧ブログはこちらです

http://niji-no-tori.jugem.jp

2018年

9月

07日

身軽に生きる

にじのとりのブログ、最近おやすみがちです。

他の興味に気持ちがすっかり移動してしまいました。

でも頭の片隅で気になっていました。

 

 

 

最近、やましたひでこさんの断捨離本で書いてあることを実践しました。

「自分にとって今じゃないもの」を捨てていくと、す〜ごくすっきり感がありました。

 

 

 

部屋の中に不要なものがあると、ああ、あれを片付けなきゃ・・

そうやって脳内に「余分な考えること」を起こしていたのでした。

 

これはもったいない!(ものより時間の方です)

これがないだけで随分すっきりしています。

 

40年も生きるといろんな荷物があったのだと思います。

 

それは物だけじゃなった。 

 

会社員時代のスキルも、もう10年近く離れたので、もどることはありません・・。

それなりの立場を捨てるのは、定年を迎えるお父さんのような気分でしたが、

それすらも捨てました。

捨てることは空恐ろしかったけど、捨てても案外大丈夫でした。

それより楽しいことの方が多くて、もっと早くやっとけばよかったと思っています。

 

 

 

・やりたいことは、誰がなんと言おうとやった方がいいこと。

・最初は人の意見でやってみてもいいけど、やってみて自分の心の観察記録をつけること

・やりたいこと、やらないことを、常にブラッシュアップすること。

・自分のこと以上に、人のことを心配するのはやめる。

・やってみないとわからない。うまくいかないときはやり方をかえる。

・人から意外な荷物を背負わされているのに気づかないことがある。

・自己鍛錬するといい出会いがある。

 

皆様のアートを書くことは、素敵な人生のギフトです。

 

ただ、活動を続けるには、ブログなど、それなりの時間やエネルギーをかけたほうがベスト。

身軽に生きたいので、にじのとりのブログや活動はおやすみすることにします。

 

 

 

どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年

5月

06日

気をぬくことなかれ

心優しい人たちよ。

気をぬくことなく、やりたいことを優先しましょう。

 

この時期、楽しむこと!

嬉しいこと、喜び。

 

そして、家事のたまった案件も済ましておく。

 

 

能動的に行動をしているとき高いエネルギーで輝いて

動いていますので、低いエネルギーはよってこないのです。

 

思わぬ時間に、ぐだぐだ、くよくよしていたり、

優柔不断にしていると、不思議と低いエネルギーに、つながってしまいます。

 

 

自分の本音を知る。

心で一線を引く。

関係を整理する。

 

自分の中の違和感は自分だけのもの。

周りを気にせず、

相手を卑下することなく、お互いを 尊重することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年

3月

15日

ひさしぶりのブログです。

あたらしい挑戦の経験がおわりほっと一息ついています。

 

長い間こちらの活動をお休みいただいて、申し訳ございませんでした。

 

2016年冬に願ったことが、2017年の冬にかない本当にびっくりしました。

お話をいただいて興奮と震えがとまりませんでした。

それは、私にとってはとてもありがたいお話で、革新的で挑戦的なことで・・・。

力の限りうごいて、冬が終わりました。

 

 

新しい出会いもエキサイティングでした。

 たくさんの笑顔も拝見できて、感動的な経験となりました。

終わった途端デトックスのごとく久しぶりのインフルエンザにもかかりましたが、

元気に過ごしています。

 

わたしにとっては、モノづくりでたくさんの皆様に関わるのことも好きですし

フィーリングアートのように、お一人とじっくりと描くことも好きです。

 バランスよく、心地よく、今年もすごします。

 

 

フィーリング・アートで皆様の活躍をサポートできたらいいなと思います。

 

 

 

 

2017年

12月

01日

2018までの受付予定

いつもありがとうございます。

ただいま、いろいろな予定が立て込みまして、年内と2月までの受付は終了しました。

2018年の新年のフィーリングアート受付は3月1日からとなります。

 

楽しみにされていた方にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。

2017年

10月

19日

この時期に楽しいもの(手帳)

この時期に悩むものは手帳です。

 

あらゆる手帳を試しました。

キャラクターもの。

猫の写真のもの。

月間・ウイークリー・ガントチャート、

1日1ページのほぼ日手帳・・など。

 

毎年悩むのですが、途中で変えてしまうことも多々あり

何かいいのはないのかなと探して見たところ「バレットジャーナル」を見つけました。

2016年は、「バレットジャーナル」方式を採用しました。

ちょっと検索すると色々なものが見られます。

 

手帳はフリーの方眼ノートを使います。

その後はインデックスさえあれば。自由にカスタマイズして書いていけます。

今年の目標(月間)、仕事のアイデア、運動の記録、見た映画リスト、好きな言葉、洋服リスト、などなど書いていきます。

やることが多いと小さなアイデアやこれいいなあということをすっかり忘れてしまうので

ノート1冊にまとめておくと便利です。

 

インデックスページがあること、合わなくなったらフォーマットを変えられることが

フィットしました。

 

好きなように未来を作っていく感じでワクワクします。

特に必要と思ったのは「やらないことリスト」です。

やりたいことをやるために必須です。

 

時々読み返して確認していますが、やらないと決めたのにうっかりやってしまっていることは

やりたいことができる時間を無駄にしていること。

また、自分の習慣のウイークポイントなのだと思います。

 

 

年末のメモに次に使いたいノートも書き込みました。

書き心地が大事なので、今年はミドリのMD方眼シリーズを使います。

何を書いていくか考えるのも楽しみです。

 

 

 

 

2017年

10月

19日

フィーリングアート T様

続きを読む

2017年

10月

19日

10月のフィーリングアート予約受付 

すっかり秋になりましたね。10月前半まで慌ただしく過ごしていましたが気づいたら冬の気配です。

2018年の足音も聞こえてきますね。アートやリーディングにも来年の気配を感じて描いていきたいと思います。

 

ただいま、フィーリングアートは随時受付しております。

 

 

あなたへのリーディング・・オラクルカードによる、過去・現在・未来 そして、今取り組むことのあとおしメッセージをお渡ししています。

 

フィーリングアートについてはこちらをお読みください。

お申込みについては、お手数ですが詳しくはご予約時のお願いを見ていただいてから、ご予約フォームへおすすみいただき、ご記入をお願いいたします。

 

2017年

8月

25日

9月のフィーリングアート予約受付 

夏真っ盛り ですが元気に過ごされていますか?

9月、10月は予約数少なめですが、受付しております。

芸術の秋です。楽しみましょう!

 

 

あなたへのリーディング・・オラクルカードによる、過去・現在・未来 そして、今取り組むことのあとおしメッセージをお渡ししています。(こちらはサブ的なものでしたが好評いただき続けております。ありがとうございます。) 

  

 

お手数ですが詳しくはご予約時のお願いを見ていただいてから、ご予約フォームへおすすみになってご記入お願いいたします。

 

2017年

8月

25日

整理整頓 

 

料理研究家の有元葉子さんの本を読みました。

 

職業柄、キッチンが中心なのですが、家を設計するときに必要なものを明確にして

素敵な空間を手に入れています。

食器棚にしまわれた器の数、布巾の数はすごいです。

 

イタリアの家、野尻湖の家は写真を見るだけでうっとりします。

すっきり感はどうして出ているのかというと、必要なものに収納が十分なことと

壁と床の巾木がないからギャラリーのように見えるのです。

 

何よりも、自分にとって何が必要か明確になっているということ、と感じました。

 

 

また、作業するには「台」が必要で効率良い仕事には、空いた空間の重要性を感じました。

家づくりをするときに参考にしたい本です。

 

 

最近参考になったのは、本田さおりさんの本です。

収納スペースがいまいちな古いマンションという間取りがそっくりで

不便さを上手にカバーしています。特にキッチンですね。

ものの場所を明確にしていて現実的な本だと思います。

 

お持ちのアイテムを見ると、好きなものが似ているから

フィットするようです。

 

 

建築の仕事をしていた大叔父に天国まではものは持っていけないと言われました。

確かにそういう部分はあります。

 

でもせっかく生きているなら(笑)愛でる楽しみが欲しい。 

 

手間のかかった無垢の家具であったり、

 

日常を潤す大好きな作家さんのオブジェであったり、

大切な道具があることは幸せなこと。

味のある古道具も魅力があります。

 

 

 

盆栽の手間のかかったものは、何代も受け継がれるといいます。

 

そういう素敵なものを発見すると圧倒されます。

 

夏はキッチンの油汚れのお掃除がはかどります。

ドイツでは春秋に部屋を大掃除するとか・・

 

何も一番寒い時にやらなくても〜と、大掃除という日には

まったく縛られなくなりました。

 

 

冷静に、こだわらずに、家族構成やライフスタイルに合わせて色々と探してみたいです。

2017年

7月

31日

奈良美智さんの女の子

奈良美智さんのエキシビジョンが豊田市美術館で開催されています。

ちょっとニヒルな表情の女の子の絵が可愛い奈良さん。

名前や作品から女性を想像しますが、男性アーティストです。

 

大学時代、美術学校講師時代を愛知で過ごされたので、大学を卒業して30年の卒展なのだそうです。

今までにない膨大な数の絵を見ることができました。

 

 

材料はアクリル絵の具ですが、まるで岩絵具(日本画)のような深さを見せるアートもあります。

若い頃のまだ「女の子」が確立されていない時の曖昧さや、クマのぬいぐるみ、ロックのLPなどのコレクションの可愛さと迫力はたまりません。

 

現代美術でたまにある、攻撃性があり暗い気持ちになる絵は、あまり好きになれないのですが

ご本人も朗らかな方だからか、素敵なところは「健康的」「爽やかで明るい」

 

 

絵を描くときは、とても辛いこともあるでしょう。

「ダークさもポップで愉快」

 

人生も、離れてみてみたら、そんなに暗くて大変なことばかりじゃない。

 

太陽は昇って沈む。鳥はさえずる。

 

ケセラセラ。

 

 

原画はとてつもない迫力です。

最近の作品は、女の子が仏像や宇宙のように見えました。

 

女の子の目が猫の目のようでもあります。

 

 

この絵を描くときに

目の前に広がる宇宙を想像しているんだろうか。

それとも内なるミクロの旅をしているんだろうか。

 

素敵な美術鑑賞のひとときでした。

 

2017年

7月

27日

中身のこと

先々週の星野源さんのオールナイトニッポンで音楽の著作権について語っていた。

 

「新曲を応援の気持ちでyoutubeなどで複製したものを投稿するよりも、radikoのシェア機能で紹介すると、それを聴いているよということがわかり、このラジオ番組の投票になるし、その集計でオリコンの順位も変わる。音楽業界で働くみんなのためになるよ!」

 

 

 作り手を応援する気持ちで、何も知らずにコピーなどしてしまうと、実は音楽家にはお金が渡らない。

作家の作るものを買うと応援になる。

 

昔々の時代には芸術家にはパトロンという支援者がいた。

でも、今は自由な時代だから一人一人が考えてパトロンできる時代なのだ。

 

 

 お隣の国のネズミの国とか、複製とは意図するクオリティを守れないものが世の中に出回ること。

品性や品質が保たれず、そして本家本元が困ってしまうこと。

意図するクオリティでないものが、出回ってしまうのが、作り手としては一番苦々しい。

 

文化が成熟するとは一人一人が品性を高めていくこと。

 

 

音楽がどうやってできるか・・・。

作り手のげんさんをはじめ、マネージャーや事務所で働く社員さん。

表にはでてこない人たちの方が多い。

ジャケットのデザインをしたり、CDを印刷する人たち。

そして忘れていけないのが運送する人たち。

 

 

想像力のアンテナを立てて

汗水流して作る人の応援をしたい。

 

 

野菜でも、ものでも、アートでも。

改めてどこからどのように誰が作っているのかを考えて

どこで買うか?という中身を考えて投票をして行くことが、働く人々のしあわせになる。

 

 

一番は好きなアーティストさんの音楽が聴けるという、自分の幸せ。

 

 

 

 

 

2017年

7月

02日

明るくて美しいもの

優雅に明るく楽しくいつも笑顔で明るくしてくれる友人がいます。

 

とても素敵なモノづくりをしている人です。

 

ほんわかしていて、絵本の世界にいるようです。

 

水鳥が見えないところで水かきをしているように、

周りには微塵にも感じさせないように努力をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

大変なこと、嫌なこともあるけど、タイミングは違えど

誰にでも起こることだからこそ

そこにとどまらず、楽しいことに目を向ける。

 

 

 

 

 

高みを目指し美しさを追い求める厳しい目をして。

 

ただ爽やかな風を残す。

 

振り返ったら、あの人は飄々としていて素敵だったと言われる。

 

 

そんなかっこいい人になりたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

7月

02日

フィーリングアート受付中です。

暑い夏がやってきました!ご注文随時受付中です。

 

あなたへのリーディング・・オラクルカードによる、過去・現在・未来 そして、今取り組むことのあとおしメッセージをお渡ししています。(こちらはサブ的なものでしたが好評いただき続けております。ありがとうございます。) 

  

 

お手数ですが詳しくはご予約時のお願いを見ていただいてから、ご予約フォームへおすすみになってご記入お願いいたします。

 

2017年

6月

14日

人に言われたことを気にしない

なんでも自分の思い通りにやるのが一番・・・常々そう思います。

 

過去からの思い込み

親や家族からの制限

今手に入れているものを失う

人に何か言われるのではないか

 

不安の原因はそんなところでしょうか。

 

全て自分の責任でできるのであれば、やってみたほうが人生は1000倍くらい楽しいです。

できないことは、できるように、ちょっとづつやっていけばいい。

今がいまいちなら、思いつく限りの自分の改善点を書き出し、1個ずつ変えればいいです。

 

できないことを環境や人のせいにしても何も変わりませんが、自分が少し動いたり

心がけを変えるだけでいいのです。

その道のスペシャリストや愛情のある経験者に聞くのが一番です。

 

 

 

ネガティブ好きな人は、不満や不安を人から聞き出すのが習慣化しています。

日本人は謙遜の精神があり、本当は思ってもいない不満さえも(幸せなのにね)

何か不満はないですか?と聞かれると言ってしまうこともありますが、私は満足しています、と答えてみましょう。

ポジティブで安定しているときは気にならないですが、たまたま落ち込んだり迷ったりするときはブレてしまいます。

 

まだ弱さがあるとき、

自分へのお試しと思うこと。

 

向こうから来るとか(笑)楽なほうでなく、勇気を持って信頼の置ける方にアドバイスをもらう。

(直感がモヤモヤと訴えかけているはず)

人の噂はしない。噂をすぐに信じず自分の感覚で確かめる。

幸せを祈り、尊重する。

 

好き、やってみたいと言うシンプルで素直な言葉が大事です。

追いつかないくらい、ぐんぐん成長する。

 

失敗していると何もせずに言う人よりも、

冒険しながら彷徨いながら

がむしゃらに動いている

あなたが一番素敵なのです!!

 

 

 

 

2017年

6月

14日

フィーリングアート予約受け付け中です。

梅雨らしくない爽やかな気候が続きますね。

7月分のご予約を受け付けしております。

 

 

 

あなたへのリーディング・・オラクルカードによる、過去・現在・未来 そして、今取り組むことのあとおしメッセージをお渡ししています。(こちらはサブ的なものでしたが好評いただき続けております。ありがとうございます。) 

  

 

お手数ですが詳しくはご予約時のお願いを見ていただいてから、ご予約フォームへおすすみになってご記入お願いいたします。

 

2017年

5月

22日

明るく優しいものに

 

明るくて優しいエネルギーはとても気持ちがいいです。

 

選択に迷ったら自分に聞いてみる。

好き嫌いでなく損得や義務、自信のなさをベースに選ぶと、その時々のコンディションで

低い方へ引っ張られることもあります。

 

 

 

高いエネルギー

明快、明確、明晰でシンプル。

賞賛、応援。

清潔感があり整っている。

楽しさ、笑いや、元気になれる。

個が確立しているので距離感がある。

無理・無茶をさせない。

品があり気遣いにあふれている。

与えられ温かい気持ちになる。

自分を大事にしている。

 

低いエネルギー

不明瞭、不快、言葉遣いの荒さ、雑さが目立つ。

混沌、ごちゃごちゃしている。

ひがみや嫉妬。

向こうからやってきます。

無理・無茶させる。

要求が多く、時間、情報を損う。

残念な気持ちにさせられる。

人のことがきになる。

 

 

なんだかモヤモヤする・・というときは低いエネルギーに関わったときです。

これまで取捨選択してきたから、さらに違いがわかる経験でもあるのだ!

と未来へむけて切り替えていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

26日

思いもよらぬこと

知らない人に自分を見てもらうことは良いことです。

 

人から言われた自分のことで気になること、なるほどと思うことは、隠れた自分の良いポイントです。

また、わかってはいるけど、ちょっと耳がいたいことは、これから改善したいなということでもあります。

意外な自分を発見したり、冒険への宝探しの地図を手にしたようにワクワクした気分になりますね。

 

 

ただ、どんなに素晴らしい人からの言葉でも、関係性ができると、

自分の克服したい事柄をそのまま伝えることがあります。

 

 

過去に思いもよらぬことを言われたことがあります。

とても素敵な人なので、そんな風に見ていたのか・・とショックでした。

時が経って落ち着いてみると、その方自身の言動にかなり頻繁に表れている「ことば」でした。

実は相手のウイークポイントで、対峙する人の中に勝手に見つけスイッチがはいると戦います。

過剰な反応をする白血球のように。

 

関係性は時に鏡のようになります。

 

私の母は私とは仲がいいのに、妹とときどき喧嘩をしていました。

自分のいやなところとにてるから、目についてしまうとのことでした。

本当に悪いところが一緒だったかというと、違っていました。

ちょっと気質が荒いところ、わがままをいうところが似ていたかもしれません。

 

一方的に自分とにているところをみつけては反応し、戦おうとしているだけです。

(過去の思い出、自意識過剰、気のせいだったとしても)

 

 

思いもよらぬことを言われたら、過剰に反応せず、スルーします。

ぶつかってイチャモンをつけられるくらいの話です(笑)

なにをいわれても動じない自分をほめたたえましょう。

 

 

 

すぐ文句を言いたくなるひとは自分の言動をチェックしてみましょう!

 

 

2017年

4月

20日

思ったことが叶う

シンプルなことですが普段考えていることが叶います。

 

なにげない日常の考え事をチェックしてみましょう!

(書き出してもいいですね)

 

文句をとなえたり、

○○はいやだ

○○が不安

○○を失いたくない

ネガティブなことを考えると叶ってしまいますよ。

 

いま、その状態にないでしょう。

わざわざ招くことはないのです。

すぐキャンセルしてください。

 

○○が大好き

○○がいつでも手に入れられる

○○だからいつも満足しているありがとう

○○へ行く

 

すでに幸せなにある、手に入れていることだけを考えましょう。

ちゃんとやってきます。

嬉しいイメージで満たしましょう。

 

感謝のエネルギーが一番です。

 

2017年

4月

16日

優しいエール

優しい言葉が大好きです。

困った時、悲しい時、優しく話を聞いてくれる友人や家族たちがいます。

親しい人はそういう人ばかりです。

 

だからかな、厳しい言葉、叱咤激励というのは好きじゃないです。

 

 

「応援してるから厳しくするよ、頑張れ」

「ここが間違っていてダメ、もっとこうするべき」

こういうの。

 

 

 

そういう言葉を聞くと楽しくないから遠ざかってしまいます。

ちいさなミスは本人が一番悔しがっているからです。

 

ときどき身近でない方から聞こえるとびっくりします。

愛の裏返しというもの、ツンデレ

近づきたいのか遠ざかりたいのか?

過干渉やめましょう。いいことないです。

 

叱咤激励してる人は、自分に発してるのだなあと思います。

 

 

貴重な出会いをした人、貴重な会うための時間をもっと大事にしたい。

 

 

 反省会という言葉が好きじゃないです。

反省会をしようといった友達とも遠ざかってしまいました。

いつまでも過去の失敗をいう人とも遠ざかってしまいました。

 

私の友人たちがいつどんな決断をしたとしても応援します。

本人が失敗だと思ったことも、次はこうしたらいいという改善案を感じる経験なので祝福します。

 

そのときどきでベストの選択をしています。

 

長い人生、色々やったほうがたのしいですから。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

4月

12日

信頼関係

信頼関係ということば。人間らしく生きるために。

 

毎日同じ通勤電車に揺られ、スマホとみつめあう

会社についたらにこりともせずパソコンとみつめあう

淡々と作業をする

コンビニで無言でお金をわたし商品をうけとる

家に帰りテレビとみつめあう。

 

ほとんど自分や、人とかかわらず過ごし

そんなことが当たり前になってしまうと、

自分や人と関わろうとしたときに、機械のような対応になってしまいます。

 

機械は乱暴にあつかっても文句はいわないけれど

おなじように自分や人をあつかったら、信頼関係など結べっこないのです。

(ということにも気づけなくなってしまう!)

 

機械人間はやめて、自分のよろこび楽しいことをして

自分との信頼関係「こころ」をとりもどそう。

 

やりたいことを書き出してみる。

 

 自分の時間をとりもどそう。

 

自然の中に身を置いてみる。

この時期、新緑や小さな草花の勢いが素晴らしいです。

 

ひとつずつの造形の素晴らしさをみつめてみる。

同じものはありません。

 

植木鉢の花に水をあげる。

 

 

今日の自分の気持ちはいかが。

 

お店に入ったら店員さんと挨拶。

道であったお年寄りに声をかけてみる。

(何をお話ししましたか?ポジティブな楽しいことを話せましたか?)

 

自分とひとと信頼関係を結ぼう。

 

 

2017年

4月

02日

与えること

誰かと関わりを持ちたいなら。 相手が喜ぶことをしてみる。

そのとき、相手からのお返しはのぞまないこと。

 

たとえ望んでなくても、ずっとずっと与えっぱなしだと疲れ

その時に被害者意識やらでてくる方もいますが

ギブを期待するなら、やらなきゃいいだけの話です。

 

あの人困ってるだろうから忙しかったんだけど〜!

ちょっと頑張るだけだからと自分を犠牲にして流れ作業のように渡すひともいます。

 

このような体制は丁寧さがなく、コントロールされたような重いエネルギーが相手に伝わります。

不必要であったり、時に必要な経験を奪うこともあります。

 

 

自己犠牲のツケは、フツフツとやってくるでしょう。

なぜそれをしたいのか・・・?与える前に一度考えてみてください。。

理由はいろいろあると思います。

 

 

 

楽しく手渡したら終わりにしておきましょう。

アイドルへのファンレターみたいなもの。返事がこなくてあたりまえ。

だけど、なにか相手のエネルギーになればいいなあという自分のための祈りのようなもの。

でも、バレンタインに大量に届くチョコのように余分という言葉もあります(笑)

 

 

自家発電で静かに豊かに暮らしている方もみえます。

 

ちいさなことにいちいち気をとらわれない、ビッグなエネルギーの人もいます。

 

結局のところ、同じエネルギーでいないと同じところにはいられません。

 

遠回りのようですが、自分を喜ばせること。

身の回りをととのえ、高めることにつきます。

 

受け取ったエネルギーは感謝して、必要なかたのもとへ・・

 

 

 親から子へ、先輩から後輩へ

 

2017年

3月

30日

レンタル彼女

放送が終わりましたが、「レンタルの恋」テレビを楽しく見ました。

 

レンタル彼女との恋?を描いたドラマですが、

レンタル彼女のレミちゃんを契約した時間だけ恋人になってもらうのです。

 

恋人の時間は本当の恋人のようなあまくて楽しい時間。

親身なかわいい恋人。夢のような時間はレミちゃんの演出です。

タイマーが鳴り終了すると「レンタル終了。ご利用ありがとうございました。」とクールに立ち去ります。

大人のおじさんたちは、節度をもってレミちゃんをレンタルし、その時間を楽しみます。

 

主人公コウちゃんだけが、1度のレンタルで本気になってしまいます。

ところがレミちゃんのレンタル料はとても高いので借りることができません。

他の人の利用中になんとか会おうと、ストーカーのようにレミちゃんを追いかけます。

レミちゃんの時間はレンタル主のもの。すぱっとクールにかわされてしまいます。

 

境界線がなくなってしまうこと・・・。

まちがったスピリチュアル・カウンセラーとクライアントの関係に似ているとおもいました。

または師匠、師範、先生とお弟子さん生徒さん。アイドルとファンの関係。

 

相手はお仕事中は真剣に目の前の事に集中し、時間が終わると終了します。

そのエネルギーはとても強いものです。

ちょっと想像力を膨らませると、相手への思いやりの気持ちが芽生えます。

エネルギーを使うと休養と栄養が必要ですからお休みの時は一人でいたいかもしれません。

 

自分を敬い感謝し、大事にする人は相手も大事にします。

 

また、スペシャリストになるほど、いつまでもとどまらせない。

 

踊りの先生は扇子をつかう挨拶の所作を、境界線をあらわしているとおっしゃっていました。

ある先生はお弟子さんの滞在を1年までとしていました。

 

 

春の新しい出会い。楽しいお稽古。卒業と入学。

すでに受け取っているもの、わたされたものをかぞえてみると奇跡と感謝の連続です。

 

楽しく利用するのも、されるのも大人の節度ですね〜。

 

 

 

 

2017年

3月

29日

いわれっぱなしもだめ

お散歩でよく会うおばさまと少しずつ会話をするようになりました。

個人的にズケズケとおされるのは苦手なので、お互いの歩み寄りの時間がにているなあと思います。

 

 おばさまから聞きましたが、共同生活であきらかに暴言でマナーが悪い人がいたそうです。

 

おばさまは品良くきっぱりと注意をしました。

「そんな言い方はないんじゃないですか!」

叱られた相手は黙っていたそうです。

 

共同生活は考え方の違う人たちが暮らす

世界の縮図のようなもの

 

そこでお互いが少し我慢したり気を使ったりと美しい譲り合いの部分があります。

 

 相手を萎縮させ割り込み我を通す人は困った人です。

こわいからと萎縮してしまったり、叱ることを面倒に思ったり、 見て見ぬ振りせず

自分の正しさをおし通す人に、いわれっぱなしでなく、時には勇気をだしてみても良い。

 

おばさまから学んだこと。

言うときは品良くしっかりと。

 

 

 

 

 

 

2017年

3月

26日

エネルギーの切り替え技

いい気分でいると気づかないのですが、そうでないときありがたく気付かされます。

 

うっかりと低いエネルギーに身を置いてしまうと、あれよあれよというまに・・・。

 

 相手が悪いんじゃないです。結局はチャンネルをあわせた自分の責任です。

 ゴシップ、人のウオッチング、過去のいやなことなどに注目すると、

低いエネルギーを自分に与えることになり、自分にどよ〜んとした経験がやってきます。

 

低いエネルギーはラジオの周波数みたいなもので、素敵なエネルギーを遠ざけてしまいます。 

 

だから自分にとって値する楽しいもの、ワクワクするもの・こと、素敵な予定を一番にいれましょう。

そうして、もっともっと素敵なことをやっていきましょう。

 

小さな場所のお掃除、未完了の小さな用事など。

楽しいイベント、欲しかったものを自分に与える、美容院に行く、

身の回りを整える。・・なんでもいいです。

 

やる気のでないときは、切り替え切り替え!喜びを人に与えるには自分から。

 

同時にさわやかに断る対応もお勉強ですね。

 

先日の津端ひでこさんのお言葉がいいなあ、と思ったのは、自分に集中していて

愛の押し売りがないということ。

 

ドミニクローホーさんの「限りなく少なく豊かに生きる」最近のお風呂文庫になりつつあり

なんども読んでいます。

貴重な時間を自分に与え、不要なものを手放す。

切り替えの技におすすめです。

 

 

2017年

3月

24日

コツコツとした暮らしの先に(人生フルーツ)

津端しゅういちさん、ひでこさんご夫妻のドキュメンタリー映画、「人生フルーツ」を観ました。

 

イメージでは森の中のようですが、実際は住宅地の造成地だった場所を長い年月と手間をかけて

里山のような樹木の庭にされています。

アントニンレーモンドさんの自邸に倣ってたてたちいさな家。

私の思い描いたようなお住まいに住み自然が溢れる環境に暮らしています。

 

津端しゅういちさんはニュータウンの造成に関わったとき、人にも自然にも優しい自然の地形にそったプランをデザインしていました。

ところが大きなプロジェクトは多数の手によって最初のプランは経済優勢のものに一人歩きしていきました。高蔵寺を通る広い道路だけは生かされました。とても気持ちのよい通りです。

せめて自分の手でできることを・・と高層団地内の公園にどんぐりの木を植える活動を起こしました。

その公園にも行きましたが今は本当の山のようでしたよ。

好きなことや心地よい暮らしを追求した人生。

野菜畑にはしゅういちさんの手により看板など手作りされ、思い出もなにもかもがファイルに整頓・分類され美しく整っています。

室内には、お二人と一緒に年をとった上質な布や丈夫な木の家具に囲まれています。

 

小さな暮らしにかけがえのない長い年月が加わって愛しいのでした。

お二人の言葉も心にとどくものがたくさんありました。

 

戦争の空襲からご自身の直感により難をのがれた英子さん。

人と同じことをやっていてはいけないといいます。

 

90歳 動く動く!

素敵に暮らすということは常に動くことにつきるということがお姿をとおして伝わってきました。

ひでこさんがさりげなく「女は座るなという環境で育ったものですから」とおっしゃっていました。

そこに暮らしのヒントが隠されれいるのだなあとおもいました。

 

私の祖父母と年代が近く5歳ちがいくらいでしたが、家族によって文化や考えかたがちがうので

新鮮な気持ちです。

 

背筋がす〜っとのび、とても浄化されて、見てよかった映画です。 

後ほど、つばた夫妻のエッセイを購入しましたがますます好きになりました。

 

時代はことなるものの、できる範囲で自然あふれる丁寧なくらしをやっていきたいです。

早速ちいさな植木鉢に野菜を植えました。 

 

2017年

3月

09日

気持ちデトックス

スピリチュアルに出会ってよかったことは、

自分を高めることに集中することが一番だということに気づけたことです。

 

 

過去・・・・・・

 

自分を高めること=知識だけを得ること。

 

良い悪いで判断。

 

困ってる人を助けたい(困ってなくても手を出したい)。

 

相手の必要な経験をうばう。

 

よく見られたくて自分を犠牲にしてしまう。

 

もう過去です・・・。手放しました。

 

 

 

 

誰も悪くない、習慣の問題です。

 

自分も許しましょう。

 

ネットもおせっかいも、やめてみるとスッキリします。

 

 

 

 

2017年

3月

09日

ご感想をいただきました

2017年、清々しく行きます!(来週スガさんのコンサートにも行きます・・・すがつな
がりで)

実は、アートとメッセージが来るまで待っていよう、それを見てからにしよう、と先延
ばしにしていたことを1月31日に思い切って自分の判断でやってきました。木工品の製
作と販売を行う個人事業者の登録です。かなり勇気が要りました。未知のことなので。

でも、それが大事なのではなくて、これからどうやっていくかの方がよっぽど大切だと
思います。それでも、1歩は踏み出せたという気持ちです。

アートの現物も届きました。こういう仕事をする方たちは、いつも思いますが梱包とか
手紙の入れ方もオリジナルで丁寧でとてもうれしいです。見習いたいと思います。

絵は、実際のものを見ると、明るさと鮮やかさと力強さが全然違いますね。手に持って
じーっと感じているとなんか身体がじんじんしてくる感じがありました。上半身・脇か
ら背中あたりです。

細かいですが、一緒に入っていた名刺がとてもいいな!と思いました。絵がちりばめて
あって、名刺の紙の角が丸くカットされているのもすごくいいですね。ぼくもこういう
名刺を作りたいです。


これからもいい仕事してください!

2017年

2月

26日

ご感想をいただきました

絵をパッと見て飛び込んできた、“象”と“山”。

メッセージというよりも、とってもさわやかで広々としていて気持ち良さそうです。気
持ちがいい絵です。

白、真っ白。淡い緑と青。

注文した方みなさんそうだと思いますが、ぼくも届くまでにいろいろ想像しました。

なにかを象徴するような、シンボリックな絵とか。

届いた絵は、現実でももしかしたら見ることができるかもしれない風景画のような(さ
すがに現実のいまの生活の中で象はいませんが・笑)、でもこの絵を見ていてなにかの
物語の1つのシーンのような気もしました。

山があって、川が流れていて、原っぱのような森のような中に木があって、空にはにじ
がかかって、鳥が飛び、動物たちがいて、真ん中で象が勢い良く水浴びしています!こ
う書いていて自分で感動してきました。

自然と動物がど真ん中の絵ですねー!!

素敵です。

いま、この絵の中に飛び込んで行きたい気持ちになりました。ここで、この動物たちと
会話しながら暮してみたいなぁ(笑)、なんて思ってしまいました。友達になれそうです



それから、メッセージ。

パーソナルメッセージ、しっかりと受けとめました。まさにそのまま、そのとおりです
ね!はい!

オススメの神社が記してあったのがうれしかったです。必ず行きますね。

2017年の後押し!メッセージもありがとうございます。
生活・日常の出来事ひとつひとつにていねいに対処しつつも、楽しんでいけるように、
味わっていけるように今年もがんばっていこう!と思いました。


本当に、ほんとうに、ありがとうございました。

2017年

2月

24日

選択肢

人生の中には帰路のような大きな選択肢もあるし、今日の夕飯なににしようといった簡単な選択もある。

 

 

私もすごく迷う事があり、先駆者の方に聞きたくなることもありますが、今は一度立ち止まるようにしています。相手の方に聞いたときにどんな答えをするだろうか?

相手の貴重な時間をとってしまう、状況も違う、想像と思いやりの観点で自分で決断することにしました。

 

選択肢があることは選べることができること、幸せなことなんですよ。

自由なのですよ。

 

自由が増えた現代、選択肢がありすぎて立ち止まってしまう人もいる。

クライアントさんではないのですが、知人でなんでも聞く人がいます。よく悩む方です。

先日も聞かれたところなのですが、ちょうど私が少し前に立たされた選択肢でした。

私も境界線のお勉強中であり、同じ状況にないので細かいアドバイスはできませんでした。

 

何人かに同じことを聞いて、挑戦をやめたと聞きました。

 

 

自分で選ばないうちは時間だけが過ぎているのは確かでした。

今日の夕食を・・悩んでいるうちにスーパーも閉まってしまいます。

時間だけは元にもどりません。

よほどのことでなければ、選択はサイコロにでも任せて、気になることをやってみればいいのですね。

 

お金の損得のベースでの答えを求めるなら、挑戦は「損」になってしまうのかもしれません。

悩む時間やコミュニケーションが好きなのだというのなら、いつまでも何も変わらなくて時間が過ぎても幸せなのだと思います。(相手の時間の承諾次第ですが・・)

 

 

選択するときにわからないのは、ただ経験が不足しているから。

失敗だとしても自分にとって何が大事なのかとか、合わないことがわかるだけです。

 

 

何かを選んだのが間違いであっても、失敗をしても、学びというそれ以上の経験ができる。

そのうちに、自分にとって何が大事で、これはいらないといったことがわかってきます。

 

なにより、自分をとりまくエネルギーもかわってきます。出会いや次の扉が開くのです。

 

2017年

2月

24日

フィーリングアート Y様

続きを読む

おかげさまでたくさんのフィーリングアートを描かせていただきました。